警察には自分で説明

事故に遭ったらすぐに警察に届け出をだします。これは常識の範囲でわかっている事と思います。しかし警察は、事故の当事者の示談の事は手伝う事はしませんし、事故がどちらが悪いとかいいとかを決める権利がありません。事故が起こった事を、取り調べを行って、状況を把握し、裁判になるかどうか、加害者がどれくらいの責任があったのかなどを捜査してくれます。

この捜査が記録に残る事が大切で、どこまで説明ができるかがポイントになります。状況はお互いから聞くことになりますが、自分の主張はしっかりとするべきです。この取り調べの資料をもとに、示談や慰謝料が変わってくることも多いのは事実です。警察とのやり取りは、病院の検査と同じくらい大切と思っておきましょう。

事故には物件事故人身事故、の2つあります。交通事の場合、人身事故にすることでその後が大きく変わってきます。人身事故でないと、示談金や慰謝料は発生しないからです。物件事故は、勝手に事故にあったような印象になります。そうならないように、人身事故として届をする必要があります。そのために病院に行って検査し、診断書を提出する必要があるのです。

人身事故として届けた場合には、さらに警察が捜査を進めてくれます。もちろん、悪気があったなどはないかもしれませんが、その状況によっては、加害者がどのような状態で加害者になったのかまで、きちんと捜査をしてもらう必要があります。その際には、自分がどういった状態で事故にあったのかをきちんと自分の口で説明しましょう。

事故直後に病院へいく

事故後にまず検査をしてけがの状態を見る事になります。怪我にもいろいろなものがありますが、例えばむち打ち、切り傷、骨折などその検査をしっかりとして症状を知る事が大切です。

特にむち打ちは、後から出てくる場合が多く、また長引くことが多いので、最初の検査で状態をしっかりと教えてもらいましょう。その時に痛みがなくても後から出てきてさらに検査することで請求できなくもないですが、なるべくならその時に出たものが印象があります。

そして労災や健康保険を使いい治療をします。その使った金額によって示談金額や慰謝料が多くなることがあります。そのためにも治療の際にはしっかりと労災や健康保険で支払いましょう。保険会社のお金を使う場合には、症状固定にしてもらう事がいいです。また、交通事故の示談金をスムーズに受け取るために、弁護士を利用するのもいいでしょう。

怪我が完治することが一番ですが、ある時から治療を受けても症状が改善しないという場合もあります。その場合は、保険会社の支払いは打ち切られてしまうのです。その主治医の指示に従って、症状固定について、保険会社から言われた時には、話し合い、保険会社の利用についても相談しましょう。その間の通院費用や治療費は、症状固定まではしっかりともらえるハズです。ある程度までは病院にしっかりと通って、保険会社に申請書を出しましょう

交通事故に遭った時に

交通事故に遭うとどうしていいのかわからないのが現実です。ショックが大きく、精神的ダメージが強いので、その時の対処など普段考えていたことでもとっさにできなくなります。交通事故の被害者というものは、守られているようで、実はその時の対応によって、守られてない事もあります。

交通事故はそうあるものではありませんし、慣れるという事もありません。その時にその対処法をすることで保険会社から支払われる金額に影響がでる事があります。保険料、慰謝料をもらうのには、その事故に遭った時の対処が重要になります。もし、事故に遭ったばかりであれば、今、このサイトを見て対処をしましょう。帰って来てからもできる事はありますし、もしかして自分がやった対処が合っているかもしれません。示談や慰謝料で損をしないために、交通事故の被害者としてやるべきことを知っておく必要があります

もし交通事故に遭った時に、まずすることです。警察に電話するのはもちろんです。加害者がそこにいれば、住所や氏名、車両ナンバーや保険会社の確認が大切になります。もしかして逃げられてしまった場合や、その時、怪我がひどい場合などは、車両ナンバーだけでも覚えておくといいです。

もし怪我がひどくて加害者がそばにいる時には、警察や救急車がくるまでそこにいてもらうように必ずしましょう。そしてお互いの保健会社に連絡をして、検査。もし被害が大きかったら、後遺障害などの申請。示談交渉をして、解決しなければ、裁判などの対処もあります。

こういった対処をしながら、警察とのやり取りをして示談金や慰謝料の請求をしっかりとします。細かい流れを説明していきます。