警察には自分で説明

事故に遭ったらすぐに警察に届け出をだします。これは常識の範囲でわかっている事と思います。しかし警察は、事故の当事者の示談の事は手伝う事はしませんし、事故がどちらが悪いとかいいとかを決める権利がありません。事故が起こった事を、取り調べを行って、状況を把握し、裁判になるかどうか、加害者がどれくらいの責任があったのかなどを捜査してくれます。

この捜査が記録に残る事が大切で、どこまで説明ができるかがポイントになります。状況はお互いから聞くことになりますが、自分の主張はしっかりとするべきです。この取り調べの資料をもとに、示談や慰謝料が変わってくることも多いのは事実です。警察とのやり取りは、病院の検査と同じくらい大切と思っておきましょう。

事故には物件事故、人身事故、の2つあります。交通事の場合、人身事故にすることでその後が大きく変わってきます。人身事故でないと、示談金や慰謝料は発生しないからです。物件事故は、勝手に事故にあったような印象になります。そうならないように、人身事故として届をする必要があります。そのために病院に行って検査し、診断書を提出する必要があるのです。

人身事故として届けた場合には、さらに警察が捜査を進めてくれます。もちろん、悪気があったなどはないかもしれませんが、その状況によっては、加害者がどのような状態で加害者になったのかまで、きちんと捜査をしてもらう必要があります。その際には、自分がどういった状態で事故にあったのかをきちんと自分の口で説明しましょう。