交通事故に遭った時に

交通事故に遭うとどうしていいのかわからないのが現実です。ショックが大きく、精神的ダメージが強いので、その時の対処など普段考えていたことでもとっさにできなくなります。交通事故の被害者というものは、守られているようで、実はその時の対応によって、守られてない事もあります。

交通事故はそうあるものではありませんし、慣れるという事もありません。その時にその対処法をすることで保険会社から支払われる金額に影響がでる事があります。保険料、慰謝料をもらうのには、その事故に遭った時の対処が重要になります。もし、事故に遭ったばかりであれば、今、このサイトを見て対処をしましょう。帰って来てからもできる事はありますし、もしかして自分がやった対処が合っているかもしれません。示談や慰謝料で損をしないために、交通事故の被害者としてやるべきことを知っておく必要があります。

もし交通事故に遭った時に、まずすることです。警察に電話するのはもちろんです。加害者がそこにいれば、住所や氏名、車両ナンバーや保険会社の確認が大切になります。もしかして逃げられてしまった場合や、その時、怪我がひどい場合などは、車両ナンバーだけでも覚えておくといいです。

もし怪我がひどくて加害者がそばにいる時には、警察や救急車がくるまでそこにいてもらうように必ずしましょう。そしてお互いの保健会社に連絡をして、検査。もし被害が大きかったら、後遺障害などの申請。示談交渉をして、解決しなければ、裁判などの対処もあります。

こういった対処をしながら、警察とのやり取りをして示談金や慰謝料の請求をしっかりとします。細かい流れを説明していきます。