事故直後に病院へいく

事故後にまず検査をしてけがの状態を見る事になります。怪我にもいろいろなものがありますが、例えばむち打ち、切り傷、骨折などその検査をしっかりとして症状を知る事が大切です。

特にむち打ちは、後から出てくる場合が多く、また長引くことが多いので、最初の検査で状態をしっかりと教えてもらいましょう。その時に痛みがなくても後から出てきてさらに検査することで請求できなくもないですが、なるべくならその時に出たものが印象があります。

そして労災や健康保険を使いい治療をします。その使った金額によって示談金額や慰謝料が多くなることがあります。そのためにも治療の際にはしっかりと労災や健康保険で支払いましょう。保険会社のお金を使う場合には、症状固定にしてもらう事がいいです。また、交通事故の示談金をスムーズに受け取るために、弁護士を利用するのもいいでしょう。

怪我が完治することが一番ですが、ある時から治療を受けても症状が改善しないという場合もあります。その場合は、保険会社の支払いは打ち切られてしまうのです。その主治医の指示に従って、症状固定について、保険会社から言われた時には、話し合い、保険会社の利用についても相談しましょう。その間の通院費用や治療費は、症状固定まではしっかりともらえるハズです。ある程度までは病院にしっかりと通って、保険会社に申請書を出しましょう。